インプラント Q&A

Qインプラントを入れた後、寝たきりになったらどうするんですか?

インプラントに否定的な先生から「寝たきりになったらどうするんだ」と聞かれたことがあります。
私は「寝たきりは関係ない」と言っています。
「患者さんが生きて社会生活を営めるときに、
大きく口を開けて笑って,何でも食べられるのと、
なるべく寝たきりにならないための健康維持が目的だから」と。

逆に入れ歯を装着した状態で病院に入院したら、まず誤嚥性肺炎の予防対策で絶対はずされるわけですよ。
はずされると摂食機能がなくなりますね。

そうしたら後は流動食や点滴による栄養補給になって、どんどん噛むことがなくなってくる。

そうすると,脳血流量が低下するから認知症になる確率が高い。

これは論文にもなってますよ。

歯がある人と入れ歯の人では,どちらが認知症になりやすいかといったら、やっぱり入れ歯の人がなりやすい。

特に入院したら入れ歯さえもはずされてしまうのでさらに拍車がかかりますよ。

だから寝たきりになったら,もう入れ歯だろうが何だろうが構わないわけですよ。
今を生きて生活を営んでいるときに人と楽しく会話して、美味しく食べられることが重要なんですよ。

入れ歯の人は、結婚式が嫌だと言います。
なぜかというと、色々な人が食事を食べている中で、自分のスピードが一番遅い。

そして食べ物を選ばなければならない。
食べた後どうしても気持ちが悪いから席を立ってトイレに行かなければならない。それがなくなったらうれしい。

「じゃあ今何が楽しみですか?」と言ったら、「入れ歯の友達の前で思いっきりおしんこをたべること」(笑)